会社案内

健康経営取組

関東マツダ健康宣言

関東マツダに働く社員とその家族の健康の確保は、企業活動の基盤であり、経営の重要課題です。
「社員満足」の企業理念の下、社員一人ひとりを大切にし、職場環境を整備すると共にその増進に努め、お客様からも選ばれ続ける、社員が誇りを持てる会社を目指します。

代表取締役社長 島田 寛昭

健康経営管理指針

目的

働きやすく、全社員が輝き続けられる職場環境を形成する。

体制

代表取締役社長が中心となり、安全衛生委員会、産業医、労働組合や健康保険組合など外部機関とも連携をとりながら健康経営を推進する。
推進活動の進捗状況は定期的に経営者会議や部門長会議等で報告・共有する。

取組内容

社員が自律的に健康保持・増進に取り組めるよう、積極的に支援する。

  1. 健康診断・ストレスチェックの100%実施。
  2. 安全衛生推進者(店長・マネージャー)や健康推進担当者への研修を強化し、健康に対する意識・知識を高める。
  3. 職場のコミュニケーションを活性化し、職場環境の改善、メンタル不調者の早期発見・予防に努める。
  4. 規程・体制を整備し、より働きやすい職場を目指す。
健康経営優良法人2020

経済産業省が制度設計を行い、
日本健康会議が認定している
『健康経営優良法人2020』の認定を取得

体制相関図

健康経営推進体制相関図

健康経営課題

メンタルヘルス不調等ストレス関連疾患を抱えた社員の早期発見・対応

改善目標

  1. 健康推進担当者・管理職向けにセミナーを行い、メンタルヘルスに対する見識を深める。
  2. ストレスチェックを活用し、不調者の早期発見を図る。
    ストレスチェック受診率100パーセントを目指す。

改善施策

  1. 半年に1度、健康推進担当者や管理職向けに産業医等の専門機関から研修を受ける機会を設け、不調者への対応の仕方や不調者の傾向など予防に関する知識を深める。
  2. ストレスチェックを「心の健康診断」として捉え、定期健康診断同様、毎年受けるものとしてその重要性を理解してもらう。
    また、PCを持たない社員も受診しやすい環境を整える。

定期健康診断実施状況

2017年 2018年 2019年
対象人数 2,145 2,130 2,133
受診率 99.5% 99.6% 98.0%

ストレスチェック受診率

2017年 2018年 2019年
対象人数 2,172 2,140 2,135
受診率 66.1% 99.5% 99.5%

健康企業宣言

健康企業宣言

健康経営優良法人認定書

健康経営優良法人認定書