mazdaロゴ
mazdaタイトル

KANTO-MAZDA RECRUITMENT SITE

KANTO-MAZDA RECRUITMENT SITE

06
お客様と
エンジニアをつなぐ
大切なハブの役割
青野 孝一KOICHI AONO
高田馬場店 サービスアドバイザー
2003年入社
入社動機と経歴を
教えてください。

子どもの頃から車が好きで、高校入試の小論文でも「将来は環境性能のよい車をつくりたい」と書いていました。つくる側ではなく整備する側になりましたが、車が好きということに変わりはありません。当時のマツダは唯一ロータリーエンジンを搭載した車を製造・販売しているので、そこに魅力を感じて入社しました。配属は板橋店で2010年にサービスアドバイザーとなり、2016年の高田馬場店リニューアルオープンと同時に異動して現在に至っています。

入社動機 入社動機
サービスアドバイザーは、
どんな役割を
果たしているのでしょう。

お客さまとエンジニアの仲立ちをする仕事です。ショールームに常駐し、点検や車検、その他修理等でご来店されたお客さまの受付を行います。整備内容に応じて見積りを提示・説明して、お客さまの了解が得られたら、整備工場に指示を出します。整備工場から部品交換等の必要があると連絡を受ければ、お客さまにその旨を説明して了解を得ることもあります。整備内容についてお客さまからの質問にも答えます。営業担当と手分けして、点検や車検について電話でご案内するとともに、工場とのスケジュール調整も担っています。

サービスアドバイザーの
やりがいは、
どんなことですか?

エンジニア、チーフエンジニアを経て、サービスアドバイザーになります。お客さまは年齢も職業も千差万別で、車に対して熱い思い入れのある人もあれば、生活の道具と割り切っている人もいます。いろいろなお客さまと会話することで、人間的に成長できるところが魅力です。エンジニアのなかには、寡黙なタイプの人もいますが、私は学生時代からファストフード店でレジを打っていた経験もあり、笑顔で接客することに慣れているので、楽しく仕事ができています。

思い出深い 思い出深い
サービスアドバイザーとして
心がけていることは?

車には多数の部品が付いているので、部品名をそのまま言ってもお客さまに通じることはほとんどありません。そこで、修理や部品交換の必要性について、わかりやすい言葉で説明するように心がけています。また、言葉の選び方には注意を払っています。安全上、必要不可欠な部品交換であっても、経済的な負担を嫌って躊躇される場合もあるので、お客さまの立場に立って話を進め、信頼していただけるように努めることが大切です。

入社動機 入社動機
今後の目標を
教えてください。

サービスマネージャーになることです。現在、高田馬場店のサービスマネージャーは、私が板橋店で働き始めた時のチーフエンジニアだった人です。この先輩からは、時間管理の大切さや、メリハリを付けた働き方など、多くのことを学ばせていただきました。営業担当者からの信頼も厚い人です。この先輩を見習って、将来はサービスマネージャーとして、明るく楽しい職場づくりに貢献したいと思っています。また、そのような職場であることが、お客さまに提供するサービスの質を高めることにつながると考えています。

DAILY SCHEDULE 1日のスケジュール

  • 09:15
    出社。
  • 09:30
    朝礼。清掃
  • 10:00
    開店。来店客対応、納車対応
  • 13:00
    昼食
  • 14:00
    来店客対応、合間に見積り作成
  • 16:00
    来店客対応、合間に入庫促進の電話
  • 18:20
    整備に関する調べ物。退社

NEXT INTERVIEWS

pagetop
pagetop